現在、このページは執筆中です。未完成のコンテンツが含まれていますので、ご注意ください。

ファイルについて

最新版をダウンロードしたい

最新版は、download ページ からダウンロードできます。

パッケージに含まれている dev, ja などのフォルダの意味は?

  • doc/ … ドキュメント
  • doc/core/ … enchant.js 本体のドキュメント
  • doc/plugins/ … プラグインを含めたドキュメント
  • enchant.js … enchant.js ライブラリ本体
  • examples/ … サンプル
    • beginner/ … 初心者向けの簡単なサンプル
    • expert/ … 上級者向けのサンプル
    • plugins/ … 添付されているプラグインのサンプル
  • images/ … 画像フォルダ
  • plugins/ … プラグインが収められているフォルダ
  • ja/ … ソースコードコメントが日本語になっているフォルダ

以下は、開発者向けのフォルダです。一般の利用者には必要ありません。

  • dev/ … enchant.js の開発者用のフォルダ。コンパイル前のソースコードファイル (多言語コメント版) が収められています
    • src/ … enchant.js 本体に関するファイルが収められています。
    • plugins/ … 添付されているプラグインに関するファイルが収められています。
  • tests/
    • feature/ … 特定の機能に関して、手動テストをするためのフォルダ。
    • qunit/ … qunit を用いた enchant.js の自動テストを行うためのフォルダ。grunt コマンドで自動的にテストが実行されます。
    • raster/ … ラスタライズテスト用のフォルダ

開発について

・コンソールを表示したい

・エラーメッセージを確認したい

JavaScriptコンソールを表示することで、エラーの内容を確認することができます。「コンソールを表示したい」の項を参考にしてださい。エラーの内容は「トラブルシューティング」の項で確認してください。ゲームやプラグインの中で、 console.error(‘エラーの内容’); などの関数呼び出しによって、コンソールに独自のエラーを表示することができます。

・ゲームの内部状況を確認したい

たとえば、bear という名前のスプライトの x, y 座標を確認したい場合は、ゲームのスクリプトの中に、 console.log(bear.x, bear.y); というコードを埋め込むことで、コンソールに x, y 座標を表示することができます。

数値や文字列だけではなく、オブジェクトも確認することができます。先のコードの代わりに、 console.log(bear); というコードを使えば、x, y だけではなく、他のプロパティも確認することができます。

・ゲームの内部の変数をゲーム途中で確認したい

bear という名前の変数が、グローバルスコープに置かれている場合は、JavaScript コンソールに「bear」と入力し enter キーを押すことで内容を確認してみます。

window.bear = bear; と代入したり、var bear = new Sprite(…); と宣言している場合は var を消して bear = new Sprite(…); に変更することで、bear がグローバルスコープに置かれ、変数の中身を確認できるようになります。但し、すべての変数をグローバルスコープに置くことはおすすめされていません。

・ゲームの内部の変数をゲーム途中で書き換えたい

「ゲームの内部の変数をゲーム途中で確認したい」のように、コンソールで内容を確認したあと、例えば bear.x = 100; などと入力しエンターキーを押すことで、変数を書き換えることができます。

・デバッグモードを開始するには

Game#start (ex. game.start(); ) の代わりに Game#debug  (ex. game.debug(); ) を使うことでデバッグモードをでゲームを開始できます。デバッグモードでは、Entity, Sprite などに枠線が表示されたり、前のフレームとの差分が利用できるようになります。

・#や.の意味

解説や説明の中で、あるプロパティやメソッドを表すために、#や.などの記号を用いている場合があります。インスタンスのプロパティメソッドは # で表します (Game#start など)。インスタンスのメソッド以外のプロパティや、クラスやオブジェクトのプロパティは . で表します (Sprite.frame, Env.TOUCH_ENABLED など)。

開発中のトラブルシューティング

・画面が真っ白なまま (enchant.js が読み込めていない)

・enchant.js が読み込めていない

・エラーが解消できない

・ゲームが終わらない

This post is also available in: 英語